忘れっぽい方必見!効率の良いメモ方法とタスクのこなし方

ついうっかりを直すには

>

忘れっぽい人の為のタスク管理法

タスク管理の重要性

イメージとしてはデキる人ほど、仕事の順番や管理が上手ですよね。
仕事に忙殺されていては、大切な業務を忘れてしまうといったミスをする印象があります。
そうなってくると、多忙な社会人にタスク管理は必須とも言えそうです。
しかし、タスク管理はどうも苦手でという方、意外と多いのではないでしょうか。
管理するということは、言われた順番に仕事をこなすのではなく、優先順位を自分で決められる人でないとタスク管理を有効的に使いこなすことはできませんよね。

では、よく言われる仕事がデキる人はどのようにタスク管理を取り入れ、仕事を上手に切り盛りしているのでしょうか。
忙しい現代人に有効なToDoリストの使い方をしっかりおっさえて、うっかりミスを防止しましょう。

有効的なToDoリストの使い方

ToDoリストでタスク管理をする場合、最終的なゴールであったりわかりやすい目標が設定されていることが第一です。
向かう先が何かわからないのに、優先順位を決めることはとても難しい作業ですよね。
まずは、自分がどのような所に向かって仕事をしているのかしっかりと把握しておきましょう。

個人的なものやプライベートのタスク管理には、アナログな方法も便利ではありますが、社会においては報連相などは重要視される面も沢山あることから、アナログとデジタルのツールを使い分けることが重要になってきます。

取り入れた情報をしっかりとアウトプットするという作業をすることもその情報に対する印象を強めるといった結果を生み出します。
また、デジタルツールを使用すれば報連相に合わせて、情報を共有をすることでうっかり忘れを防止することにもつながります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る