忘れっぽい方必見!効率の良いメモ方法とタスクのこなし方

ついうっかりを直すには

忘れっぽい性格を直す為にできる事

物忘れがひどいという事は、どのような状態を指すのでしょうか。 なぜ、忘れっぽい性格という人がいるのか、その原因や習慣があるであれば治すことができるのでしょうか。 物忘れについてのメカニズムや、その原因を確認するところから始めていきたいと思います。

忘れっぽい人の特徴や原因

ご自身を忘れっぽい性格だと思いますか。
実際、仕事や日常生活の中でもうっかり忘れてしまうことってありますよね。
では、なぜ忘れてしまうのでしょうか。
情報があふれている現代社会においては、忘れる力も必要だという話もありますが、忘れてしまっても良いことと、忘れてはダメなことがありますよね。

あまりにも物忘れがひどいとなると、社会人になった際に仕事にも影響しかねません。
大切なミーティングを忘れたり取引先との約束を忘れるといった事や、重要な書類の提出期限に遅れてしまうといって重大なミスにつながってしまう可能性だってないとは言い切れないですよね。
そうなってくると、忘れっぽい性格だから、という言葉だけでは片付けられなくなってきます。

一般的に忘れっぽいと言われる人の特徴や原因を知ることで、うっかりミスに繋がる行動をしているといった発見ができるかもしれません。
また、忘れっぽい人がとる行動の逆を行くことができれば、忘れない為にはどのような行動をすることが効果的かという事もなんとなくわかってくるかもしれません。

メモやタスクの管理など、確かに効果的だとは思いますが、忘れっぽい性格でもしっかりと管理ができる方法を知りたいですよね。

こちらでは、忘れっぽい性格と自負する方も、いやいや私はきっちりしていますよ、という方まで使えるメモの取り方や作業タスクの管理方法を、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、ぜひご参考になさってください。

メモひとつでうっかり防止

メモを取るという作業が忘れ防止になることは周知の事実ですよね。 体の機能をより多く使うと、覚えられることを学生の時によく言われていたという方も多いのではないでしょうか。 文字を書く作業を動作にプラスする事でより記憶に残りやすくなりますね。 では、記憶に残すにはどのようなメモの取り方が効果的なのでしょうか。

忘れっぽい人の為のタスク管理法

タスク管理は、最近ではToDoリストなどのアプリも多数出ていることからも、一般的にとても需要があることがわかりますね。 では、どのような日々増えては減って、を繰り返すタスクを上手に管理することができるのでしょうか。 忘れっぽい人以外にも役立つ有効なタスク管理の方法を確認していきましょう。

TOPへ戻る